エオルゼア ぬいぬい戦記

バトル以外に楽しみを見出している人向けのバトルコンテンツ攻略の 参考になればうれしいです。 基本的に自分の復習のためのまとめの様なものです。 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2010 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

PVPコンテンツ フロントラインは3種類のバトルがあり、
日替わりで開催されています。

外縁遺跡群(制圧戦)に続く第2のバトルは

シールロック(争奪戦)

フィールド内に点在する

「アラガントームリス」という塔のようなオブジェクト

これが起動すると、ターゲット出来るようになり、
占有することで、自チームに「情報量」というポイントが入ります。

アラガントームリス









ランダムに起動するのですが、起動する際にランクがります。

三角形:Bランク 合計80点
四角形:Aランク 合計120点
五角形:Sランク 合計160点

最初に800点に到達したチームが勝利

チームは3国に分かれ、最低8名 最大24名になります。

キルでも点が入り、
敵 1キルあたり 通常 +5点   
         高揚状態 +10点
         強高揚状態 +20点
キルされた場合、自チームのポイントが-5点

キルについては、制圧戦、砕氷戦とおなじ仕様です。


【ポイント】
・攻撃できるオブジェクトが無い 
  攻撃は敵チームに対してのみ可能です。
・起動するアラガントームリスはランダムでも場所は固定
  場所によって、崖の上で登れる箇所が絞られていたりと特徴があります。
・OP(スタート地点)もランダム
  外縁遺跡群(制圧戦)は固定でしたがシールロック(争奪戦)はランダムです。


アラガントームリスを起動させたチームはそれを守り、
起動できなかったチームは占有を止める、そして自分たちの占有状態にするために
攻撃をします。

攻防や戦場がこまめに入れ替わるのが、この争奪戦の醍醐味と言えます。


基本的には3パーティーが一丸となって移動し、場所を変えて転戦する形が強いです。
広範囲にバラバラになってアラガントームリスを占有しようとしても
まとまって移動してきた相手に対して、占有を維持することは困難です。

ただ、他2軍が大部分を投入して1か所を争っているときは
何人かの別働隊を、争っている場所から遠い位置のリスに対して
占有の為に移動させるのは有効です。
占有状態になってから、軍団が移動している間も情報量は入り続ける為です。

また、1か所の攻防にこだわりすぎるのも有効ではありません。
相手を退け、やっと占有しようとしたときには、残りの情報量が1%しかない
なんてことになってしまいます。
次のリスをいち早く占有し、優位な形で防衛する方がずっとポイントを稼げます。

駆け引きの要素、リスの活性化ランクと場所の運、フィールドの広さ等から、
軍師の役割をする人がいるかいないかでは、戦果に大きく差が出るバトルだと
私は感じています。

また、方針が対立しがちなのも、この争奪戦の特徴です。

「攻めましょう」 「いや引くでしょ」 なんてやり取りがアライアンスの
トークで起きることもあります。

重要なのは、戦況を常に考えることです。

どのチームが1位で、リムの占有状態はどんな状況なのか?

各自が考えることで、意見対立が起きても自然と「多数決」で
どちらかの案が行動に移されることにつながります。

困惑して立ち止まると、他のチームに喰われてしまいます。

序盤に差がついても、逆転が起きることが結構あるバトル。


最後まであきらめずに戦い、逆転できたときはとても爽快です。


頭を使って、みんなで考えながら楽しみましょう!


牙狼コラボ終了まであとわずか、、、

というタイミングで、ザ・フィーストが熱くなっています。

ザ・フィーストには
「カジュアルマッチ」「ランキングマッチ」「チーム戦」
の3種類あるのですが、
沸騰しているのは「カジュアルマッチ」

ランキングは、、、人がいません。(個人の感想です)


理由は、牙狼コラボのマウント取得のためのアチーブメント
「轟天」・・・ザ・フィーストで30勝する
「雷剛」・・・ザ・フィースト/フロントライン/ライバルズウイングズで
       累計60勝する

というものです。

私は、「轟天」はザ・フィーストがなかなかシャキらないので
あきらめていたんですけど、ふと思い立って申請してみると、

即シャキ!

スタートまでのインターバル 1分
スタートから終了までの時間制限 6分

待ち時間入れて、30分で3回は行けます。

でも、疲れますw


ザ・フィーストの特徴を簡単に言うと
①障害物のある狭いフィールドで、チーム毎に争う
②ロールは固定(タンク、メレー、レンジ、ヒーラー)
③ジョブチェンジは出来ない
④各自100ポイントのコインを持ち、奪い合う
⑤先に600ポイントのコインを保有、
 又は6分経過時に多くのコインを保有しているチームが勝利
⑥通常のチャットによる発言は出来ない (簡易チャットのみ)


1回倒されると、コインの50%を落とします。
これを相手に拾われると、相手のコインが増加します。
コインを拾わないと、キルした対象に戻ってしまいます。

コインは積極的に拾いましょう。


しかし、闇雲に拾うのも良くありません。

倒されると所持しているコインの50% を落とす、、、
つまり「コインを多く持っていると狙われやすくなる」ということです。

コインを多く持っているときは、キルされない為に身を守ることも
駆け引き材料の一つになります。



50戦程して、勝率は五分をちょっと下回るくらい。
忍者(メレー)で参加しています。

カジュアルマッチの為、事前の戦略の打ち合わせは無いですが
戦術はある程度固定されている様です。

まず、「レンジ」を狙うということ
HPが低く、落としやすいためです。

でも、それが分かっているので、ヒーラーは最初から
レンジのヒールを厚くしているように感じました。

負け筋として
「レンジを狙います」という簡易チャット
 ↓
レンジを集中攻撃、、、、するも落とせない
 ↓
自チームのヒーラーが落とされる
 ↓
自チームのレンジから、順にキルされる
 ↓
一巡倒されて、相手のコインが 400 + 50x4 = 600に到達

という感じ。


そこで、「ヒーラーを足止めします」と簡易チャットし、
自分は最初にヒーラーに噛みつくようにしてみました。

ヒーラーをつついている間に、相手のレンジが落ちると
今度はヒーラーを集中攻撃。
ここでヒーラーが落とせれば良いのですが、落とせない場合
周りを見て、メレーに一斉にターゲット変更。
ヒーラーが自分を回復させている様ならメレーが落とせると思います。

ヒーラーが一瞬でメレーを回復させ、ヒーラーにターゲットを
戻したときにはまた自分をヒール、、、とか出来ると
なかなか落とせません。


デンジャータイム等を利用し、集中攻撃でヒーラーを落とすことが
ポイントになると思います。

もちろん、相手も同様に、こちらのレンジやヒーラーを狙ってくるので
その点も意識しないといけません。

先手を取れるとだいぶ有利になります。


ラウバーン曰く
「勝敗は早さと速さが別つ...」

なるほど、、、闘技場で学んだんだな。

ザ・フィーストも闘技場の戦闘のようなもの。

早さと速さを意識して、勝利を掴み取りましょう!








↑このページのトップヘ