エオルゼア ぬいぬい戦記

バトル以外に楽しみを見出している人向けのバトルコンテンツ攻略の 参考になればうれしいです。 基本的に自分の復習のためのまとめの様なものです。 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2010 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

備忘録と次回の事前確認として、注意点だけをPick up

マクロ
/p 【水のルーン】 
/p H1  MT  H2 
/p  D1 ボス D2   
/p D3  ST  D4 
/p ---------------------------------------------------------------
/p 【火のルーン】履行後は時計周りで処理  
/p MTH1   STH2
/p D1D3   D2D4
/p ---------------------------------------------------------------
/p 【茨】北:タンク,ヒラ 南:DPS
/p ---------------------------------------------------------------
/p 【雷】西処理 ST→D1→D2→D3→D4→H1
/p 【雑魚】DPS:3時→MT:12時→ST:9時


フェーズ1
戦闘開始 誰もしない場合は一応レディチェックとカウントダウン

フェーズ2
エリア中央にティタが来るように配置
(水~火にかけて近接DPSが殴れるように)
幻のルーン周囲型 キャスト開始されてから逃げる(動かさないように)
※被弾しても死なないが、動いてしまうことで
 水~火にかけてDPSが落ち結果的に削りきれない


フェーズ3
火のルーンの後 元の位置に戻る→魔のルーンを受ける

フェーズ4
ブランブルチェーン(茨) 中央に寄り、繋がれたらスプリントで北東にダッシュ
切った後、中央に寄せるとちょっとだけDPSが殴りやすい。
ティタ 中央に移動して幻のルーン 中央安地型

フェーズ5
森になって柵が消える

フェーズ6
ビリビリ雷 頑張ってDPSを出すゾーン(全力で攻撃だ!)

フェーズ7
妖精光 無敵技で受ける(頭受けでも良いけど、1回目は無敵が良いと思う)

フェーズ8
根のルーン+茨
中央に寄りつつ、奥側の根のルーン中心部のある方にスプリントでダッシュ
※対角に着弾するので、奥側が西に着弾しているということは自分側は東に着弾している

フェーズ9
根が消えたら素早く北側に回り込む →  魔のルーンを受ける

フェーズ10
氷のルーン最後の着弾エリアに移動し、中央の着弾が終わったら中央に移動
※被弾するとダメージ上昇デバフが付くので注意(雑魚維持時の事故リスクが上がる)

氷のルーン後、マーカー範囲攻撃 ※他メンバーの巻き込み注意

フェーズ11
雑魚召喚 北 「パック」 キープ
逆風(背後に範囲攻撃) 
南に向けて撃つように向き調整(DPSの邪魔をしない)
殴打 打耐性ダウン付与 防御バフ炊けるように調整

フェーズ12
雑魚巨大化
根っこ出現 向き確認
安地側の中心に寄る(中心に入らない)
吹き飛ばしでチェーンを切る
素早く、扇状の範囲攻撃の安地に移動
※視点を引いていると、パックの手で見えにくいので注意

フェーズ13
水のルーン+幻のルーン
※事故多発注意ポイント!※
幻のルーンがどちらかを見極めて、確実に避ける
ピンク色 = 離れて回避
緑色 = 中央が安地


フェーズ14
火のルーン+根のルーン
一旦、マクロと同じ位置に移動
根のルーン着弾時に見極めて、時計回りで移動

フェーズ15
幻のルーン  どちらか見極めて避ける


フェーズ16 
妖精光  
基本は2人で頭受け
暗黒騎士は2回とも一人で無敵受け

フェーズ17
氷のルーン(フェーズ10と同じ)
最後の着弾エリアに移動し、中央の着弾が終わったら中央に移動

フェーズ18
雷のルーン
タンクもDPS出せるように頑張る

フェーズ19
根のルーン+茨 (フェーズ8同じ)

フェーズ20
幻のルーン2連続
※被弾するとうろうろして、次の魔のルーンでDPSを蒔き込む

フェーズ21
魔のルーン 変な向き向かないように注意

フェーズ22
ここまでで倒しきれなければ時間切れ

※タンクの幻のルーン被弾は、ダメー時はあまり受けなくても
壊滅的な状況を生み出すので、油断せずに注意すること!


あとは練習あるのみ!
みんなで攻略して、武器やマウント、BGMをゲット!!

モグモグコレクションもあり、終了間際のGAROコラボもあり、
10月はPVPがシャキりやすくなるのではないでしょうか?
行ってみたいと思う人も多いはず。
でも、参加しても何もできないのはつまらない!
そこで、PVPに挑むにあたっての事前準備を紹介したいと思います。

まず、一番最初に知るべきことは通常エリアとの違い。
PVPコンテンツでは、通常とは違って専用スキルを使うことになります。
また、装備は全く関係なく、パラメーターはジョブ毎に定められた
一定の専用パラメーターになります。
基本的にどんな装備品でもOKです。
(目立たない装備の方が狙われにくいですけどね)
そして、意外と知られていないのが、スプリントが使えないということです。
近接DPSのみ、”疾走”というアクションスキルでスプリントが使えます。


最初に準備することとして、PVP用のホットバーの準備です。
PVP用のホットバーはPVP専用エリアで編集できます。

手順は
① ウルヴズジェイル係船場に移動 
  移動するとPVP用のホットバーに切り替わります。

②メニューのマイキャラクターからPVPプロフィールを選択
 PVP用のプロフィールが開きます。

③アクションをホットバーにセットします。
 ジョブアクション ジョブ毎の専用アクション
 アディショナルアクション ロール毎の専用アクション

 
ポイント!
通常エリアではスキルはひとつづつセットして別々に押しますが、
PVPエリアでは、ひとつのスキルを何度も押すことで自動でコンボになります。
通常攻撃はこのコンボのボタンを連続で押すことになります。

次に重要なのが、相手の行動を阻害するスキルを使うこと。
スタン、バインド、睡眠等の「足止め」するスキルが有効です。
PVPでは1対1になるシチュエーションはほとんどあまりません。

集団で攻めたり引いたりする中で、狙った一人が足止めされ、
取り残されたところをボコボコにして落とす!

といった戦い方になります。

足止めスキルをうまく使うことで、相手を落とす機会を生み出せるのです。

次に重要なポイントが下記2点
※マウントをホットバーに登録する
※アドレナリンラッシュ(PVPエリアでのリミットブレイク)を登録する


PVPでは、基本的に移動はマウントに乗ります。
スプリントが無いので、移動速度はマウントあり、無しの2段階
広いエリアを素早く移動する為に、マウントは不可欠です。

また、PVPエリアでは、リミットブレークのゲージは個人毎になります。
溜まったら、自分のタイミングでどんどん使っていきましょう!

敵が一か所にまとまったところを寝かせ、複数の黒魔導士が
一斉にコメテオを使用して一網打尽にする! なんて戦術もあります。


最後に、1つだけマクロを登録します。

/ta <attack1>

軍師役の人や、タンクが一人の的をマーキングして
ターゲットにする敵を指定するシーンがあります。
そのとき、そのマーキングされた敵を
自動でターゲットするマクロです。

一人の敵を同時に叩くことが重要なので、
このマクロはあったほうが良いです。


これらのアクションをセットしたら、
ウルヴズジェイルにある木人を殴って使用感を確認しつつ、
参加申請をしてシャキるのを待ちましょう。

これで必要十分な準備は出来たはずです。
自信を持って戦場に臨んでください!!!

↑このページのトップヘ