ファイナルファンタジー14を最近始めた方がまず感じるのは

「早くみんなに追いつきたい」

ということだと思います。

そんな方に朗報が、、、、

https://jp.finalfantasyxiv.com/tales_of_adventure/

冒険録という公式の「オプションアイテム」で
一気にLVアップ! メインクエストコンプリート!!

ということが可能なのです(^^)b

ただし、、、注意点があります。
とてもとても重要です。

①FF14というゲームは「練習が必要」なゲームです。
 敵の攻撃やダンジョンのギミックが決まっているので
 それに合わせた「決まった行動を取る」ことが必要になります。
 つまり、機械がプレイしたら必ず同じ結果になるということです。

 逆に言えば「どれだけ失敗しないか」がポイントとなるゲームなのです。

 キャラクターのレベルが上がる=操作が複雑化する
  
 ということなので単純に「俺強えー!!!!」
 という訳には行きません。

②クエストやダンジョン毎にLV制限があるゲームです。
 FF14では、メインストーリーに関連するクエストをクリアすると
 とても多くの経験値を得ることが出来ます。
 インスタントダンジョンでも、敵を倒すとフィールドの敵と比べものに
 ならないくらいの経験値を得ることが出来ます。
 
 LV50程度であれば、新たに身に着けたスキルを練習しているうちに
 次の必要なLVまで上がってしまいます。
 
 買う必要なかったじゃないか!!!って思う人も多いと思います。

③ストーリーが面白いゲームです。
 これは個人差があるので深く語りませんが、
 とにかく「新生編」>「蒼天編」>「紅蓮編」>「漆黒編」
 と進むにつれてどんどん面白くなっていく。
 「月に1カートンタバコ買うなら、禁煙してFF14に課金しなさい。」と私は言いたいです。
 クエストの冒険録を使うということは、それをスキップしてしまうということです。
 物語の最後を最初に観てしまうということになるのです。

 これはジョブの冒険録にも言えることで、ジョブ毎にもクエストが用意されていて、
 スキルの解放をするためにはそのクエストをクリアする必要があります。
 ジョブクエストを通して、ジョブの理解、背景、世界の中での立ち位置を理解できます。
 ジャンプしてしまうと「ナイト」はただの記号としての「ナイト」になってしまうのです。
 

以上の3つのポイントがありますが、それを理解しているのであれば
冒険録は素晴らしいアイテムです!
FF14 はたくさんのジョブがあります。
タンク職 4種類  DPS職 10種類  ヒーラー職  3種類

全てを上げることは難しいです。
どれか複数の「思い入れのあるジョブ」をレベル上げして、
使えたらよい程度のジョブはジャンプしてしまっても良いでしょう。

クエストの冒険録については
サブキャラクターを作っている人にお勧めです。
FF14は、1つのアカウントで8キャラクターを作ることが出来ますが、
システムの解放とクエストがリンクしている都合上、
新規キャラクターでは出来ないことがとてもたくさんあります。
しかし、面白いストーリーといっても、2回も同じことをするのは苦痛です。
(特に”もしミン”なんて3周目には殺意を覚えることでしょう)

ムービー(カットシーン)を後から繰り返し見る機能もあるので
サブキャラでもエンドコンテンツを!とか、ジョブによってキャラも変えたい
という人は、ストーリーはジャンプしてしまいましょう。

逆に、あとから違うキャラクターでストーリを追うって楽しみ方もできます。
時間に余裕が無く、お金に余裕がある大人の楽しみ方でしょうか?

あと、飛び道具的な使い方ですが、冒険録には 50万G分の貨幣が付属します。
合法的に円をGに変換することが、、、、、
いや、そんな人はいませんよねwww