エオルゼア ぬいぬい戦記

バトル以外に楽しみを見出している人向けのバトルコンテンツ攻略の 参考になればうれしいです。 基本的に自分の復習のためのまとめの様なものです。 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2010 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

カテゴリ: FF14


恒例のクリスマスイベント  

星芒祭

の開催が告知されました!

開催期間は 
12/18~12/31

今年はチョコボ衣装やリース、ケーキ等がもらえます。

早めにもらって、部屋をクリスマス仕様にして
パーティーなんて良いですね!

クエストはグリタニア旧市街 X10.2  Y9.4
ミィ・ケット野外音楽堂で受注可能!
クリスマスクリスマス

流れを簡単におさらい(ネタバレ伏せつつ)

突入

ボス1 多関節型指令機
※赤い球をとにかく避ける

雑魚エリア


ボス2 ホッブス
※3種類のフィールドにアライアンス毎で割り振られる
 それぞれ、床のギミックが微妙に違う
 背後と床の攻撃に注意

ボス3 エンゲルス
※柵が無いので注意
 中盤に吹き飛ばしによるステージ移動あり

中ボス
大型戦車 >  飛行ユニット
※戦車のしつこい範囲攻撃を確実に避けよう

ボス4 多脚戦車に合体した飛行ユニットに乗ったあいつ
※飛行ユニットの爆撃は2方向
 戦車2体の応援では、倒した後に一方が爆発
 >>> 他方の裏に隠れてやり過ごす
     その後、壁にした戦車が爆発するので逃げる

装備は1か所/週の制限有り
最後の箱(装備以外)は制限無し

がんばりましょう!


5.1のアップデートが完了しましたね。

新しく追加された極はハーデス
開放はクリスタリウムの詩人に話しかけるだけ!
報酬は IL465武器です。

私も昨日挑戦しましたが、DPSチェックが厳しい印象
1フェーズ突破ならずでした(+_+)


ニーアオートマタとのコラボは前提クエストクリアで解放

コルシア島 コメラ村 「コメラ村の噂」を追ってクリアしていくと解放。
※内容は自分の目で確かめてね!

今いくと「人の塊」状態で、NPCが見えません。
純粋にクエスト楽しみたい人は、遅れて行くのが良いかも。

解放すると
「複製サレタ工場廃墟」が解放されます。

報酬は
IL460の防具(各ボスからドロップ)※週制限有り
機械の古銭(クリア時)※週制限有り
不活性星形クラスター x2 ※週制限有り
ボスのカード
マメット
おしゃれ装備箱
オーケストリン譜

CFの報酬に3/3とあるのは、上記の週制限有りの3つです。

マメットやおしゃれ装備、譜面が人気あるので
週制限があるものの周回されている状況。

初見時(10/29  22時ころ)CFで行きましたが、初見は1/3程度
他の2/3は周回勢でした。

オシャレ装備としても、そろえたい人が多そうです。
長く賑わうと予想します。
YORUHA



モグモグコレクション~神話
集めていますか? 

柴犬イヤリングやマウントも良いですが、
取っておけばよかったと後で思うのが

「詳細地図」

マウントスピードを上げられるアイテムです。


今回、新生エリアの詳細地図が対象になっていますが

おススメのエリアは

クルザス中央高地

まず、テレポで行けるのが「キャンプドラゴンヘッド」


に対し、ギャザラーのリーブが出来るのが
「アドネール占星台」と「ホワイトブリム前哨地」

しかも移動が一本道
行ったり来たりさせられます。


少しでも移動が速いとストレス軽減になりますw


その他、蛮族クエストのある場所は、
テレポ、クエスト受注、クエスト実行 の場所が離れているので
マウントスピードが速いと捗ります。


アマルジャ族:南ザナラーン
シルフ族:黒衣森 東部森林
コボルド族:外地ラノシア
サハギン族:西ラノシア
イクサル族:黒衣森 北部森林

自力でも入手可能ですが、めんどくさい。
神話で取ってしまった方が楽だし、すぐ使えます。

あと1週間! 後悔無いように!!

mogukore



色々と発表がありましたが、
フロントライン関連の変更点について
・24人戦の廃止
・ドローンやアイスドトームリスの出現予告を表示
・「デジョン」のリキャストタイム廃止
・戦闘不能から復活までの待ち時間を一律5秒に変更
・パーティで申請する際の人数の上限を4人に変更



24人戦の廃止
パーティでの申請は4人に
これは大きい変更だと思います。

PT申請すると、チームはランダムになるものの
所属国が違っても同じチームになれます。
8人で申請して同じチームになると、非常に練度の高いチーム
が1/3を占めることになり、強力な戦力となります。

それが、1チームに満たない単位でバラバラになるので、
戦力が分散することになり、思い通りに部隊を動かすためには
より細かい指示や、野良の参加者たちと協力する必要が出てきます。


野良での24人戦 結構好きだったんですけどね。

先日のPLLで、x5.1より、フロントラインの仕様が変更され、
シールロック等でドローンが沸くタイミング等が表示されると
言われていたので、需要が無くなるのかな?と思いつつ、

モグモグコレクションや牙狼コラボのラストスパートで
まだまだ、x5.1前に通う人がいると信じて
フロントラインの最後の紹介をしたいと思います。

フロントラインの3つ目  

フィールド・オブ・グローリー 
直訳すると栄光の領域   栄光の戦場といったところでしょうか?


一定時間で活性化する氷を砕いて得点を稼ぎ
早く 1600点に到達したチームが勝利となります。

氷(アイスドトームリス)は2種類
大きい氷 4か所にあり、各300点
小さい氷 18か所にあり 各70点

活性化すると輝き、ターゲット出来るようになります。
ダメージを与えた分が割合でチームに割り振られます。
活性化にはパターンがありますが
代表的なところを紹介すると

①一定時間ごとに大小の氷が、1~3個づつ、順番に活性化するパターン

②すべての小さい氷が一斉に活性化し、残りの大きい氷が順番に活性化するパターン
パターンを全て覚えるのは難しいですが、氷の位置は覚えると便利です。

制圧戦の様な占領できるアウトポストがあります。
こちらは3秒毎に2点入ります。


基本的には、24人が一丸となって行動し、
氷と敵を殲滅していく形ですが、
小さい氷を数名で壊しに行くこともあります。

キルによるポイントは他と同じ
敵 1キルあたり 通常 +5点   
         高揚状態 +10点
         強高揚状態 +20点
キルされた場合、自チームのポイントが-5点

この氷砕戦は、キルによるポイントの影響が結構大きいです。
集団の中にいる相手を攻めるのは、相手にとっても
集中攻撃されるリスクが高くなるので、攻め難くなります。

出来るだけ集団から離れずに行動することが勝利のポイントです。


よく、「固定PTがると強い」と言われますが、
つまり、まとまった行動が出来る方が強いということなので、
野良でも、まとまって行動することを心がけ出来れば、
ポイントを伸ばすことが出来るでしょう。



氷を解かす熱い戦いを楽しみましょう!


アイスドトームリス

10/17~11/1まで 公式のハロウィンイベント 
守護天節が開催されます!

参加条件は
レベル15
メインクエスト「サスタシャに挑む者」をコンプリート

報酬は「ハロウィン仕様のアーリマン」

バトル無しの簡単なクエスト
長くかかって30分程度で完了するので
みなさんぜひ参加してほしいです。

ぼんやり光ってなかなか良いですよ!

ariman














4人PTで挑むID
コスプレが出来る、ハロウィン仕様のハウタケの御屋敷で
遊んだり出来ますので、SS命の方々も大満足できるかと!

あのキャラであんなことやこんなことをしてみましょう!

もうじき、10月末 x5.1が近づいています。

ここで追加されるのが
「強くてニューゲーム」

攻略済のクエストをもう一度プレイすることが出来るというもの。
インスタンツバトルはLv制限がかかりますが、
他は今のレベルで挑める、、、

つまり、LVだけジャンポして、クエストはそのままプレイするのと
ほとんど同じということです。


なので、今から始めて
「はやくみんなと遊びたい」

という人はクエスト、レベルの両方をジャンポすることをお勧めします。

漆黒のIDは、最後までクリアする前までは「フェイス」と一緒に周回できます。
ここで、各ロールの練習がソロで出来てしまうんです!!!

アルフィノ達と、気が済むまで回りましょう。
スキル回しの情報はネットで調達。

何度全滅しても、ダンジョン内で立ち止まってUIやホットバーを修正しても
まっっったく他人に影響ない。

自信を付けてから ルーレットに挑めます。


クエストのジャンポを使う一番のメリットは
風脈の解放だと思っています。

風脈集めは地味に時間がかかります。
クエストのジャンポを使用すると、風脈が全て完了して
いきなり空を飛ぶことが可能なんです!!!!
空飛ばなくてもメインは進められるので、
このおまけはうれしい!!!

そのためにだけに、紅蓮クリアの最後の話しかけるところを残し、
冒険録を使用し、最後のカットシーンは宿屋で見るでも良いでしょう。

そこまで自力で来ていれば「若葉」卒業に必要な
プレイ時間も稼げているでしょう。

限られた時間の中でプレイしないといけない方!
風脈開放が付いてくるという点を加味して
選択肢の一つとして、検討してはいかがでしょうか?

Aジャンポ


しヴぁ2














クリスタルの様な見た目がかっこよくて人気なシヴァ装備

LV50のコンテンツなので、LV70もあればソロで余裕で討伐できます。
ただし、注意点があります。


まずは、普通にダメージを与えて行きます。
回復もいらないでしょう。

そのうち雑魚が沸くので、雑魚を倒します。


ここがポイント!


雑魚を倒すと、ダイヤモンドダストが来ます
グルグル回ってこちらを氷結させてから「カツーン」とくるアレです。

これ以降、外周に「触れると氷漬け」が付与されるバリアが張られます

さすがにLV80になっていたとしても、氷漬けにされて4分耐えることは困難
ダメージ上昇デバフも付きます。

そこに吹き飛ばしや滑る床のギミックでこちらを突っ込ませようとしてくるのが
シヴァ戦の注意すべき点となります。


まず、戦う位置ですが、常に中心部に背中を向けつつ外側ギリギリで戦います。
シヴぁ












中心方向に吹き飛ばされても外周には届きません。

吹き飛ばされたあと、滑る床を張ってきます。
このとき、慌てて上記の位置に戻ろうとすると
滑って外周に突っ込んでしまいます。

慌てずに、床が通常に戻ってからまたポジショニング。


これだけできれば勝利できます!


音楽もかっこいいので、ガンガン周回して
マウント、譜面、武器をゲットしましょう!

PVPコンテンツ フロントラインは3種類のバトルがあり、
日替わりで開催されています。

外縁遺跡群(制圧戦)に続く第2のバトルは

シールロック(争奪戦)

フィールド内に点在する

「アラガントームリス」という塔のようなオブジェクト

これが起動すると、ターゲット出来るようになり、
占有することで、自チームに「情報量」というポイントが入ります。

アラガントームリス









ランダムに起動するのですが、起動する際にランクがります。

三角形:Bランク 合計80点
四角形:Aランク 合計120点
五角形:Sランク 合計160点

最初に800点に到達したチームが勝利

チームは3国に分かれ、最低8名 最大24名になります。

キルでも点が入り、
敵 1キルあたり 通常 +5点   
         高揚状態 +10点
         強高揚状態 +20点
キルされた場合、自チームのポイントが-5点

キルについては、制圧戦、砕氷戦とおなじ仕様です。


【ポイント】
・攻撃できるオブジェクトが無い 
  攻撃は敵チームに対してのみ可能です。
・起動するアラガントームリスはランダムでも場所は固定
  場所によって、崖の上で登れる箇所が絞られていたりと特徴があります。
・OP(スタート地点)もランダム
  外縁遺跡群(制圧戦)は固定でしたがシールロック(争奪戦)はランダムです。


アラガントームリスを起動させたチームはそれを守り、
起動できなかったチームは占有を止める、そして自分たちの占有状態にするために
攻撃をします。

攻防や戦場がこまめに入れ替わるのが、この争奪戦の醍醐味と言えます。


基本的には3パーティーが一丸となって移動し、場所を変えて転戦する形が強いです。
広範囲にバラバラになってアラガントームリスを占有しようとしても
まとまって移動してきた相手に対して、占有を維持することは困難です。

ただ、他2軍が大部分を投入して1か所を争っているときは
何人かの別働隊を、争っている場所から遠い位置のリスに対して
占有の為に移動させるのは有効です。
占有状態になってから、軍団が移動している間も情報量は入り続ける為です。

また、1か所の攻防にこだわりすぎるのも有効ではありません。
相手を退け、やっと占有しようとしたときには、残りの情報量が1%しかない
なんてことになってしまいます。
次のリスをいち早く占有し、優位な形で防衛する方がずっとポイントを稼げます。

駆け引きの要素、リスの活性化ランクと場所の運、フィールドの広さ等から、
軍師の役割をする人がいるかいないかでは、戦果に大きく差が出るバトルだと
私は感じています。

また、方針が対立しがちなのも、この争奪戦の特徴です。

「攻めましょう」 「いや引くでしょ」 なんてやり取りがアライアンスの
トークで起きることもあります。

重要なのは、戦況を常に考えることです。

どのチームが1位で、リムの占有状態はどんな状況なのか?

各自が考えることで、意見対立が起きても自然と「多数決」で
どちらかの案が行動に移されることにつながります。

困惑して立ち止まると、他のチームに喰われてしまいます。

序盤に差がついても、逆転が起きることが結構あるバトル。


最後まであきらめずに戦い、逆転できたときはとても爽快です。


頭を使って、みんなで考えながら楽しみましょう!


↑このページのトップヘ