エオルゼア ぬいぬい戦記

バトル以外に楽しみを見出している人向けのバトルコンテンツ攻略の 参考になればうれしいです。 基本的に自分の復習のためのまとめの様なものです。 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2010 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

カテゴリ: 攻略メモ

流れを簡単におさらい(ネタバレ伏せつつ)

突入

ボス1 多関節型指令機
※赤い球をとにかく避ける

雑魚エリア


ボス2 ホッブス
※3種類のフィールドにアライアンス毎で割り振られる
 それぞれ、床のギミックが微妙に違う
 背後と床の攻撃に注意

ボス3 エンゲルス
※柵が無いので注意
 中盤に吹き飛ばしによるステージ移動あり

中ボス
大型戦車 >  飛行ユニット
※戦車のしつこい範囲攻撃を確実に避けよう

ボス4 多脚戦車に合体した飛行ユニットに乗ったあいつ
※飛行ユニットの爆撃は2方向
 戦車2体の応援では、倒した後に一方が爆発
 >>> 他方の裏に隠れてやり過ごす
     その後、壁にした戦車が爆発するので逃げる

装備は1か所/週の制限有り
最後の箱(装備以外)は制限無し

がんばりましょう!


先日のPLLで、x5.1より、フロントラインの仕様が変更され、
シールロック等でドローンが沸くタイミング等が表示されると
言われていたので、需要が無くなるのかな?と思いつつ、

モグモグコレクションや牙狼コラボのラストスパートで
まだまだ、x5.1前に通う人がいると信じて
フロントラインの最後の紹介をしたいと思います。

フロントラインの3つ目  

フィールド・オブ・グローリー 
直訳すると栄光の領域   栄光の戦場といったところでしょうか?


一定時間で活性化する氷を砕いて得点を稼ぎ
早く 1600点に到達したチームが勝利となります。

氷(アイスドトームリス)は2種類
大きい氷 4か所にあり、各300点
小さい氷 18か所にあり 各70点

活性化すると輝き、ターゲット出来るようになります。
ダメージを与えた分が割合でチームに割り振られます。
活性化にはパターンがありますが
代表的なところを紹介すると

①一定時間ごとに大小の氷が、1~3個づつ、順番に活性化するパターン

②すべての小さい氷が一斉に活性化し、残りの大きい氷が順番に活性化するパターン
パターンを全て覚えるのは難しいですが、氷の位置は覚えると便利です。

制圧戦の様な占領できるアウトポストがあります。
こちらは3秒毎に2点入ります。


基本的には、24人が一丸となって行動し、
氷と敵を殲滅していく形ですが、
小さい氷を数名で壊しに行くこともあります。

キルによるポイントは他と同じ
敵 1キルあたり 通常 +5点   
         高揚状態 +10点
         強高揚状態 +20点
キルされた場合、自チームのポイントが-5点

この氷砕戦は、キルによるポイントの影響が結構大きいです。
集団の中にいる相手を攻めるのは、相手にとっても
集中攻撃されるリスクが高くなるので、攻め難くなります。

出来るだけ集団から離れずに行動することが勝利のポイントです。


よく、「固定PTがると強い」と言われますが、
つまり、まとまった行動が出来る方が強いということなので、
野良でも、まとまって行動することを心がけ出来れば、
ポイントを伸ばすことが出来るでしょう。



氷を解かす熱い戦いを楽しみましょう!


アイスドトームリス


しヴぁ2














クリスタルの様な見た目がかっこよくて人気なシヴァ装備

LV50のコンテンツなので、LV70もあればソロで余裕で討伐できます。
ただし、注意点があります。


まずは、普通にダメージを与えて行きます。
回復もいらないでしょう。

そのうち雑魚が沸くので、雑魚を倒します。


ここがポイント!


雑魚を倒すと、ダイヤモンドダストが来ます
グルグル回ってこちらを氷結させてから「カツーン」とくるアレです。

これ以降、外周に「触れると氷漬け」が付与されるバリアが張られます

さすがにLV80になっていたとしても、氷漬けにされて4分耐えることは困難
ダメージ上昇デバフも付きます。

そこに吹き飛ばしや滑る床のギミックでこちらを突っ込ませようとしてくるのが
シヴァ戦の注意すべき点となります。


まず、戦う位置ですが、常に中心部に背中を向けつつ外側ギリギリで戦います。
シヴぁ












中心方向に吹き飛ばされても外周には届きません。

吹き飛ばされたあと、滑る床を張ってきます。
このとき、慌てて上記の位置に戻ろうとすると
滑って外周に突っ込んでしまいます。

慌てずに、床が通常に戻ってからまたポジショニング。


これだけできれば勝利できます!


音楽もかっこいいので、ガンガン周回して
マウント、譜面、武器をゲットしましょう!

PVPコンテンツ フロントラインは3種類のバトルがあり、
日替わりで開催されています。

外縁遺跡群(制圧戦)に続く第2のバトルは

シールロック(争奪戦)

フィールド内に点在する

「アラガントームリス」という塔のようなオブジェクト

これが起動すると、ターゲット出来るようになり、
占有することで、自チームに「情報量」というポイントが入ります。

アラガントームリス









ランダムに起動するのですが、起動する際にランクがります。

三角形:Bランク 合計80点
四角形:Aランク 合計120点
五角形:Sランク 合計160点

最初に800点に到達したチームが勝利

チームは3国に分かれ、最低8名 最大24名になります。

キルでも点が入り、
敵 1キルあたり 通常 +5点   
         高揚状態 +10点
         強高揚状態 +20点
キルされた場合、自チームのポイントが-5点

キルについては、制圧戦、砕氷戦とおなじ仕様です。


【ポイント】
・攻撃できるオブジェクトが無い 
  攻撃は敵チームに対してのみ可能です。
・起動するアラガントームリスはランダムでも場所は固定
  場所によって、崖の上で登れる箇所が絞られていたりと特徴があります。
・OP(スタート地点)もランダム
  外縁遺跡群(制圧戦)は固定でしたがシールロック(争奪戦)はランダムです。


アラガントームリスを起動させたチームはそれを守り、
起動できなかったチームは占有を止める、そして自分たちの占有状態にするために
攻撃をします。

攻防や戦場がこまめに入れ替わるのが、この争奪戦の醍醐味と言えます。


基本的には3パーティーが一丸となって移動し、場所を変えて転戦する形が強いです。
広範囲にバラバラになってアラガントームリスを占有しようとしても
まとまって移動してきた相手に対して、占有を維持することは困難です。

ただ、他2軍が大部分を投入して1か所を争っているときは
何人かの別働隊を、争っている場所から遠い位置のリスに対して
占有の為に移動させるのは有効です。
占有状態になってから、軍団が移動している間も情報量は入り続ける為です。

また、1か所の攻防にこだわりすぎるのも有効ではありません。
相手を退け、やっと占有しようとしたときには、残りの情報量が1%しかない
なんてことになってしまいます。
次のリスをいち早く占有し、優位な形で防衛する方がずっとポイントを稼げます。

駆け引きの要素、リスの活性化ランクと場所の運、フィールドの広さ等から、
軍師の役割をする人がいるかいないかでは、戦果に大きく差が出るバトルだと
私は感じています。

また、方針が対立しがちなのも、この争奪戦の特徴です。

「攻めましょう」 「いや引くでしょ」 なんてやり取りがアライアンスの
トークで起きることもあります。

重要なのは、戦況を常に考えることです。

どのチームが1位で、リムの占有状態はどんな状況なのか?

各自が考えることで、意見対立が起きても自然と「多数決」で
どちらかの案が行動に移されることにつながります。

困惑して立ち止まると、他のチームに喰われてしまいます。

序盤に差がついても、逆転が起きることが結構あるバトル。


最後まであきらめずに戦い、逆転できたときはとても爽快です。


頭を使って、みんなで考えながら楽しみましょう!


フロントラインは、参加メンバー最大で24人のフルアライアンスまで
不滅隊 双蛇党 黒禍団 の3チームに分かれて争います。

3種類のコンテンツがあり、それぞれルールが異なります。

その中の一つ
外縁遺跡群(制圧戦)

フロントラインとして最初に実装されたコンテンツです。


戦場は中央に高い台地があり、それを取り囲むように
円状に6か所の拠点が置かれたカルテノー平原の演習場

どのチームが早く合計1600点を集めることが出来るかを競います。


拠点は旗の周囲に円形の範囲が表示されていて、
範囲内に入り一定時間滞在すると、所属国の占有状態にすることが出来ます。

占有することで10ポイント
占有状態を維持することで3秒ごとにポイントが加算されます。
加算値はマップ内の占有数によって変化し、
1つ占有・・・1点
2つ占有・・・2点
3つ占有・・・4点
4つ占有・・・8点
5つ占有・・・16点
6つ占有・・・32点

拠点は各国本拠地(戦闘不能時のリスタート地点)の目の前
及びその中間に合計6ヶ所あります。

外縁
























本拠地正面の拠点は、キルされた人がどんどんリスタートして
出てくるため、占有が難しいです。

まずは正面を占有し、Aアラが左 Cアラが右 Bアラは高台へ移動

というのが基本的な戦術になります。

中間を維持できている時間が長いと、相手とポイントの差が開く
という仕組みです。

また、高台の上には「ドローン」と「システム」がPOPします。

ドローンは開始1分後(残り時間19分)で最初にPOPし、
以降は”最後のドローンが倒された時間”の4分後に再POPします。

システムは残り時間10分ちょうどにPOPします。

ドローンは1体 25点
システムは1体 250点 (1体しかPOPしません)


それ以外は、自身がキルされると -5点

敵をキルした場合
通常の敵 +5点
高揚状態の敵 +10点
高揚状態[強]の敵  +20点  が加算されます。

相手のをキルすることで、相手のポイントを下げることもできるので
キルによるポイントもなかなか効きますし、キルされることによる
ポイントのロスも大きいです。

参考として、、、

4分毎POP X  4回(20分で最初のPOPが19分~の為) =  1200点
システムも狩ったとして、 1200 + 250  = 1450点  

得点はダメージを与えた割合で分割されるので
削られるのを待ってて、とどめを掠め取っても意味が無いです。


3つの拠点をずっと維持できた場合、
1分あたり 4x(60/3)=80点
開始後、19分維持できたとして 1520点

また、拠点の占有1回あたり10点入ります。
相手が占有した拠点を占有しなおした場合、
中立状態にするのに+10点 占有状態にするのに+10点 = 20点になります


拠点を維持しつつ、ドローンでボーナス点を稼ぎ、
極力キルされないようにするのがコツです。

キルすることよりもされないことの方が大事で
キルされる= 1つの拠点の占有時間 -15秒分  
4キルされる = 相手との占有時間が 1分間遅れたのと同じ になります。

以上の内容を理解したうえで、「指揮」を取ってくれる人の
指示を聞きつつも、「どんな意図だろう」と自分でも考える。

そういう人が多いチームは行動も統率がとれたものになり、

大幅に勝利に近付けるという訳です。


訳わからないって参戦していた時より楽しくなると思います。

そんな人の中から、将来の「名軍師」が誕生してくれたらうれしいな。


かっこいい蛮神装備
蛮神戦のBGMを聴きながら移動できるマウント欲しいですよね?

でも、後発はマウントツアーも少なく、
なかなか手に入れられていない人もいるのでは?

LV80キャップの今、ソロで簡単に討伐出来てしまいます。

まずはリヴァイアサンの攻略を紹介します。


コンテンツファインダーの設定で、人数制限解除を選択!
これでソロ/レベルとItem Levelの制限なしで挑戦できます。

次に挑戦するコンテンツを選んで突入!


フェーズ1
正面にいるリヴァイアサンを攻撃
1割程度で引っ込みます


フェーズ2
横側のいずれかで水しぶきが上がり、リヴァイアサン再登場
足場を大きく傾かせます
※ここで、どの程度の位置にいたら足場から落下しないか
 確認してください。

ある程度ダメージを与えると雑魚サハギンが出現
3体出現しますが、「恐怖」のデバフを付けてくる攻撃をしてくるので
最優先で、速攻で処理します。


フェーズ3
玉が4つ出現するので処理します。
処理すると魔法障壁が発動できるので、発動させます。
リヴァイアサンがダイタルウェイブを行い、柵が無くなります。


フェーズ4
最初の関門!
水しぶきの位置を確認し、素早く傾く反対側に移動します。
リヴァイアサンが再出現し、足場を大きく傾かせます。

本体にダメージを与えると、サハギンが出現するので
素早く処理します。
柵が無くなってからの「恐怖」デバフはほぼゲームオーバーです。

フェーズ5
リヴァイアサンにダメージが通らなくなったら
玉の処理に移ります。
4角の玉を倒し、続いて中央の4つの玉を処理します。

その間、リヴァイアサンが海中に潜り、スピニングダイブもしてきます。
一番危険なのがその後の再出現!

水しぶきを見逃さない様に、周囲を見ながら玉を処理しましょう。

処理が終わったら、また魔法障壁を張ります。


フェーズ6
リヴァイアサンのダイタルウェイブを耐えたら、
ダメージが通るようになるので、本体を削ってフィニッシュ!
ダイタルウェイブ後の再出現のときに落ちない様に注意!


ポイント
足場からの落下が最大の敵!


リヴァイアサン 撃破です(*^^)v

riva

備忘録と次回の事前確認として、注意点だけをPick up

マクロ
/p 【水のルーン】 
/p H1  MT  H2 
/p  D1 ボス D2   
/p D3  ST  D4 
/p ---------------------------------------------------------------
/p 【火のルーン】履行後は時計周りで処理  
/p MTH1   STH2
/p D1D3   D2D4
/p ---------------------------------------------------------------
/p 【茨】北:タンク,ヒラ 南:DPS
/p ---------------------------------------------------------------
/p 【雷】西処理 ST→D1→D2→D3→D4→H1
/p 【雑魚】DPS:3時→MT:12時→ST:9時


フェーズ1
戦闘開始 誰もしない場合は一応レディチェックとカウントダウン

フェーズ2
エリア中央にティタが来るように配置
(水~火にかけて近接DPSが殴れるように)
幻のルーン周囲型 キャスト開始されてから逃げる(動かさないように)
※被弾しても死なないが、動いてしまうことで
 水~火にかけてDPSが落ち結果的に削りきれない


フェーズ3
火のルーンの後 元の位置に戻る→魔のルーンを受ける

フェーズ4
ブランブルチェーン(茨) 中央に寄り、繋がれたらスプリントで北東にダッシュ
切った後、中央に寄せるとちょっとだけDPSが殴りやすい。
ティタ 中央に移動して幻のルーン 中央安地型

フェーズ5
森になって柵が消える

フェーズ6
ビリビリ雷 頑張ってDPSを出すゾーン(全力で攻撃だ!)

フェーズ7
妖精光 無敵技で受ける(頭受けでも良いけど、1回目は無敵が良いと思う)

フェーズ8
根のルーン+茨
中央に寄りつつ、奥側の根のルーン中心部のある方にスプリントでダッシュ
※対角に着弾するので、奥側が西に着弾しているということは自分側は東に着弾している

フェーズ9
根が消えたら素早く北側に回り込む →  魔のルーンを受ける

フェーズ10
氷のルーン最後の着弾エリアに移動し、中央の着弾が終わったら中央に移動
※被弾するとダメージ上昇デバフが付くので注意(雑魚維持時の事故リスクが上がる)

氷のルーン後、マーカー範囲攻撃 ※他メンバーの巻き込み注意

フェーズ11
雑魚召喚 北 「パック」 キープ
逆風(背後に範囲攻撃) 
南に向けて撃つように向き調整(DPSの邪魔をしない)
殴打 打耐性ダウン付与 防御バフ炊けるように調整

フェーズ12
雑魚巨大化
根っこ出現 向き確認
安地側の中心に寄る(中心に入らない)
吹き飛ばしでチェーンを切る
素早く、扇状の範囲攻撃の安地に移動
※視点を引いていると、パックの手で見えにくいので注意

フェーズ13
水のルーン+幻のルーン
※事故多発注意ポイント!※
幻のルーンがどちらかを見極めて、確実に避ける
ピンク色 = 離れて回避
緑色 = 中央が安地


フェーズ14
火のルーン+根のルーン
一旦、マクロと同じ位置に移動
根のルーン着弾時に見極めて、時計回りで移動

フェーズ15
幻のルーン  どちらか見極めて避ける


フェーズ16 
妖精光  
基本は2人で頭受け
暗黒騎士は2回とも一人で無敵受け

フェーズ17
氷のルーン(フェーズ10と同じ)
最後の着弾エリアに移動し、中央の着弾が終わったら中央に移動

フェーズ18
雷のルーン
タンクもDPS出せるように頑張る

フェーズ19
根のルーン+茨 (フェーズ8同じ)

フェーズ20
幻のルーン2連続
※被弾するとうろうろして、次の魔のルーンでDPSを蒔き込む

フェーズ21
魔のルーン 変な向き向かないように注意

フェーズ22
ここまでで倒しきれなければ時間切れ

※タンクの幻のルーン被弾は、ダメー時はあまり受けなくても
壊滅的な状況を生み出すので、油断せずに注意すること!


あとは練習あるのみ!
みんなで攻略して、武器やマウント、BGMをゲット!!

昨日、身内でワチャワチャとスサノオ攻略のお手伝いに行ったので
スサノオ討滅戦の攻略メモを備忘録兼ねて紹介。
SUSANOO














スサノオ討滅戦はFull party のバトルなので
タンク2名
DPS4名
ヒーラー 2名   で挑みます。

タンク的にはメインタンク(MT)とサブタンク(ST)を決めたいところ。
というか、このバトルの醍醐味である「白刃取り」をやるのはどっちか
決めておきたいところです。


今回は相方のタンクさんが初見だったので、
「白羽取りよろしく! 時が来ればわかる!」

とだけ伝えましたw

基本的には予兆のある範囲攻撃は避ける
無い攻撃は耐える
頭割りに参加する

以上です。

簡単ですね!

ただし、一撃が痛いので、防御バフを使うタイミングを
うまく合わせ、事故で落ちることが無いように注意しましょう!


中盤、白刃取りゾーン

あえて「白刃取り」と言っているのは、
知らない人が「どんなかな~?」ってイメージしているのを超えたいから!
「こんなもん白刃取りできるかよっ!!!」って思わせたいからです。

ターゲット出来るマークがあるので、落ち着いてターゲットをして
決定ボタンを押すと、スタンバイ状態になります。
それほど連打しなくても大丈夫。

STは3方向から迫る球体に体当たりして、味方への攻撃を回避します。


ここを超えたら最終フェーズ
天岩戸のシャッフルでみんながワイワイやってるのを見つつ、
攻撃を避けつつ、、、、でフィニッシュ。

難しくないので、気軽にお手伝いのお願い、又はお手伝いに参加しましょう!

NエデンにMTで参加しているので
ポイントをメモ

1層 
基本的に北を背にする
エデンが端に移動したら、ついていってエデンより外側に行く
頭割り攻撃には参加
ディメンションシフト後は玉からの範囲攻撃 
おちついて避ける
エデンがどこの角に移動したか確認しつつ避ける
避けつつエデンの方向に近付き、後ろに回って範囲攻撃を避ける
外周の光に触ると即死


2層
基本的に真ん中で
頭割りのディレイ攻撃を見逃さない
腕が出現したら落ちないように腕側に近寄る(最優先)
ディレイ攻撃が訳わからなくなっても落ち着く
受けた人はカウントダウンが見れるのでわかる (MTは受けないので見えない)


3層
床の消滅は 外 中 外  
一瞬予兆があり、見えてから動いても間に合うので慌てない
「リップカレント」は端っこにに行って一人で受ける
大海嘯のあとの自身中心のノックバック攻撃は敵に近付いて被弾する
(長い方に見方を吹き飛ばす。 自分は動かないから大丈夫)
他の人が受けるノックバック攻撃は直線で受ける
猛烈な波動を見逃さない(ノックバック攻撃、油断すると落ちる)
ダイブのエリアをよく見て避ける



4層
被ダメアップの攻撃を受けたらスイッチ推奨
(スイッチは決まると楽しい)
車の攻撃は2列ある方で受ける(1列の方だとノックバックで落ちる)
床も岩も爆発は順番で来るので、最初の爆発の場所を落ち着いて見る
爆発が終わったらそこに移動する。
ロックラッシュ以外はタンクを狙った範囲攻撃は無いので
位置取りはある程度自由。



こんな感じ~


↑このページのトップヘ